« 遅れまして、年明け挨拶 | トップページ | だ »

2010年1月19日

最近の政情・経済(愚痴みたいなもん)

この所の報道をみてますと、

この国の政治家たちはダメダメですね。

報道に踊らされているだけかもしれませんが、

何ですか、民○党の幹事長の金にまつわる黒い話は。

結局、昔の自○党の体質そのものですね。

そんな人が幹事長してる党自体、金権政治をしてるのと変わらないと思いますが。

前回の総選挙でこの党に支持した国民の責任でもありますね。

私はこの党にも自○にも票は入れておりませんし、

選挙に行かなかった訳でもありませんよ。

こんな経済状況で国会にて、この幹事長の事ばかり追求していても

経済状況が良くなる訳でもないので、予算審議もしっかりとやって欲しい。

経済・政情を多少でもよくする画期的な方法としてこんなのはどうでしょう。

現在の議員と呼ばれる国会議員・県会議員等の手当給料を年俸として

400万円位にするという案はどうでしょう?

特に国民の生活が第一の党なら、自分たちの身銭をきって

我々庶民の負担を減らせるんじゃないでしょうか?

だって、どこかの首相はママからお小遣いもらって位なんでしょ。

どこかの幹事長だって、不動産一杯もってるんでしょ。

これは行き過ぎかもしれませんが、公務員と言われる方々の給料は減らすべき。

給与の基準を大手企業ではなく、中小零細企業の平均にすれば良い。

そして、大手企業の給与課税を増やせば良いんじゃないの?

国家予算で支出は減るし、その分を不足の所にまわせるじゃないですか。

既得権益を手放す事しないであろう方々には、

「何をアホな事を」と思われるんでしょうね。

このくらいのことをしないと、日本の負債は減らないでしょうね。

|

« 遅れまして、年明け挨拶 | トップページ | だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91650/47334042

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の政情・経済(愚痴みたいなもん):

« 遅れまして、年明け挨拶 | トップページ | だ »