« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年9月15日

F1 イタリアGP

第14戦 イタリアGPの結果は以下の通り

1 15 S.ベッテル トロロッソ 1:26:47.494
2 23 H.コバライネン マクラーレン +12.512
3 4 R.クビツァ BMWザウバー +20.471
4 5 F.アロンソ ルノー +23.903
5 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー +27.748
6 2 F.マッサ フェラーリ +28.816
7 22 L.ハミルトン マクラーレン +29.912
8 10 M.ウェーバー レッドブル +32.048
9 1 K.ライコネン フェラーリ +39.468
10 6 N.ピケJr. ルノー +54.445
11 12 T.グロック トヨタ +58.888
12 8 中嶋一貴 ウィリアムズ +62.015
13 11 J.トゥルーリ トヨタ +65.954
14 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ +68.635
15 16 ジェンソン・バトン Honda Racing F1 Team +73.370
16 9 D.クルサード レッドブル +1Lap
17 17 ルーベンス・バリチェロ Honda Racing F1 Team +1Lap
18 14 S.ブルデー トロロッソ +1Lap
19 20 A.スーティル フォースインディア +2Laps
RT 21 G.フィジケラ フォースインディア DNF

まさかのトロロッソ・ベッテルの優勝になるとは。
誰もが予想だにしなかった事が起きましたね。
確かに予選での速さは凄かったです。
レーススピードではどうかと思ってましたが。
チャンピオンシップはハミルトンとマッサ、若干ながらクビサで
争う事になるでしょうね。
ライコネンはさすがに無理じゃないかな。
ハミルトンに関して言えば、最近少し荒い走り方ですかね。
今回は違反になってませんが、相手を無理無理押し出してたり
強引過ぎる走りをしてる様に感じます。
マッサはどこかでポカをやらかしそうです。
最近は大分安定した走りの様ですが・・・。

佐藤琢磨もトロロッソのテストを受ける様ですね。
今年は日本GPにいく予定は無いのですが、
もしかするとスポット参戦もありそうですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 8日

W杯アジア最終予選・対バーレーン

試合結果は バ2-3日 で勝ちました。

まずは試合に勝ち、勝ち点3を得る事が大事。
その点では、良かったと思います。
ホント、試合時間85分位までは、内容でも試合でも
十分に勝ち試合と言って良かったんですが・・・・。
なんか、W杯ドイツ大会のオーストラリア戦を見る様な感覚で
残り5分で2失点しましたね。
今回は得点がそれを上まわっていたから勝てていたものの、
あの時の反省が全然生かされてないですね。
残り5分で3点差と言う事で安心したのでしょうか?
選手個々に個人的な意見で評価すると
(あくまで個人的です。受取方や考え方の違いがありますので
 皆さんとの評価の違いがあるの事は了承して下さい。)
まず、FW陣、玉田・田中ですが、よく走っていたしまずまずだと思います。
FWなんだから、もう少し強引にでもシュート数を増やすべき。
シュートエリアでボールを受け取ったら、まずはシュートを考えて欲しい。
MF陣は欧州組(中村・長谷部・松井)は合格点です。
国内組の遠藤・中村(後半より)も欧州組に遜色無いですね。
よく考えると今回の得点、全てMFが得点してるんですよね。
そう考えると、FWはもう少し頑張らないといけないですね。
DF陣は両サイドの内田・阿部はもう少しなんとかしないとダメですね。
守れて無いし、チェックに行けてない感じです。
センターの中澤・闘莉王は85分までは良かった思います。
特に闘莉王のあの失点は、バックパスじゃなかったと思います。
あの時間は兎に角、前に跳ね返さないとダメでしょう。
GK楢崎はもう少し試合を落ち着かせるにしないと。
後半も終わりの方は、ボールキャッチしたらすぐに手放さないで、
ゆっくりと時間をかけて、選手を上がらせてから良いのに
何を焦っていたのか、周りにまだバーレーンの選手がいるのに
投げてたりしていました。
3点差でさらに敵は10人なのにねぇ。
最後の失点の半分は楢崎にも責任はあると思うよ。
後からの声かけが出来ないと一緒だった様に感じたから。

今後、3-0で勝てた試合が3-2になってしまった事が影響しないと良いのですが。
他国はきっと、日本の弱点としてこの2失点を研究するでしょう。
予選突破できるか、不安ですねぇ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 3日

日本は何処へ

いよいよと言うか、やっと言うか福田さんが辞めましたね。
首相だけでなく、議員も辞めれば良いのにと思ったのは私だけじゃないと思います。
官僚による傀儡政権はいらないですよ。
福田さんが所信表明で国民目線でとか言ってましたね。
何処をどうとったら、国民目線だったのでしょうか?
暫定税率だってそう、国民目線だったら暫定税率は廃止でしょう。
官僚などは遅くなったからタクシーで帰るなんて以ての外ですね。
さらにタクシーから何かもらってたりしているなんてね。
官僚や議員の給料の為に税金を払っているわけでは無いんです。
こういった方々には最低賃金で良いと思います。
奉仕しているのだから。
今後、自民党内で選挙が行われ、総理総裁が決まるらしいけど、
他党には関係ないし、自民支持者以外は選べないってのはどうなんでしょう?
国民の選んだ首相ではないですね。
とは言え、他党にふさわしい人がいるかと考えるといないんですけど。
いろんな所で、冗談ぽく「キムタク」が良いと書かれていますが、
いっそのこと、国民投票で首相を決めた方が良いじゃないですかね。
それこそ、「キムタク」がなってしまったりして。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »