« ジェットコースター事故 | トップページ | 何の日? 5/8 »

2007年5月 7日

高校野球問題

高校野球の特待生問題で出場辞退や強豪校敗退など
が起きている高校野球ですが、
問題はいったい何なんでしょう?
世論では、特待生である高校生には問題はないとする
論調が多数を占めている様に思います。
悪いのは大人側と言う事になっています。
一部では能力があるのだから当然なんて意見もあるようです。
私が思うのは、まず、能力があるから特待生と言うのは
どうかと思います。
能力があっても、私学の強豪校には家庭環境で行けないので
あれば、行ける学校に行けば良いんじゃないですか?
大体、特待生の名の下に野球だけしていれば、
高校が卒業出来る様なカリキュラムになっているのは、
どうかと思いますがね。(全部の特待生がそうでは無いと思うけど)
それと一部の人が言っている事ですが、
特待制度が無いと能力を潰してしまって、
日本の野球の将来が暗くなってしまうと。
本当にそうなるんですかね?甚だ疑問ですよ。
今回、辞退や自粛した特待生は確かに可哀想だとは思います。
大人の事情に振り回されたんですから。
(まぁ、それに付き合わされた特待生でない生徒はもっと可哀想だが)
しかし、これで野球が出来なくなる訳ではないんだから、
今回の事を当事者として、よく考えて欲しいですね。
高野連は今後、この様な事が起きない様にしてもらいたい。
特待生の親達は未来への投資と思って他の生徒と同じ様に
授業料なり、下宿代なりを払って文句の言われない様にして下さい。

そこで提案。
特待生制度は原則禁止。
高校生として野球をしたければ、自力で入学すれば良い。
学問と野球を両立させなければ、ダメ。
プロを目指す事を目標にプロ野球球団が15歳から18歳を対象に
した育成チームを持つ。
当然学歴は中卒になるが自分で選んだ道だからしょうがない。
極端過ぎる様ですが、この方はハッキリして良いんじゃなのかな?

|

« ジェットコースター事故 | トップページ | 何の日? 5/8 »

コメント

勉強ができる生徒は特待生として私立でも公立でも好きな学校に入学でき、野球が得意な生徒は、通常の進学方法しかないというのは、理解ができません。野球が上手なのも才能です。貧しくて高校や大学へ進学して野球ができない少年を、奨学金で支援するのがそれほど悪いことなのでしょうか。今シーズン、世界最高峰のメジャーに日本人選手が13人もいます。日本野球が有数のスターを輩出できるのは高校野球の存在が大きいのです。それなのに陸上やスケートならよく、野球はどうして駄目なのでしょう。野球だけが特待生を廃止すれば日本が「野球砂漠」になる危険性も出てき日本にとって痛手を負うのではないでしょうか。未来の野球小年が可愛そうです。

投稿: ミワ | 2007年5月17日 21:40

コメントありがとうございます。
野球が得意な生徒が高等学校へ野球をする為に行くのは順番が間違っていませんか?
高校は学びに行く所で野球をする所では無いんですよ。
野球だけをしたいなら、進学しなくても良いでしょう?
ただ学歴が欲しいだけじゃ無いんですか?
私の提案は極端な案ですが、野球少年に対して受け皿(野球専門学校的なもの)が整えば、良いと思うのですが?
ミワさんが他のスポーツには特待生が良くて、野球だけがダメと言うのはおかしいというのは解ります。
スポーツ全般に特待生をやめれば良いんじゃないですか?

投稿: ともくん | 2007年5月18日 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91650/14985490

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球問題:

» 特待生制度について考える [ブログで情報収集!Blog-Headline/interest]
「特待生制度について考える」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007年5月7日収集分= *考... [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 18:52

« ジェットコースター事故 | トップページ | 何の日? 5/8 »