« sakusaku 久々 | トップページ | 10000アクセス突破 »

2005年11月30日

見苦しい人々

タイトルをみて、まずは偽装建築の国会質疑で
参考人として来た人々の事だと思ったことでしょう。
当然そのことを書くつもりですがね。
とにかく責任のなすりつけ合いは酷い。
イーホームズ・ヒューザー・木村建設は最悪だね。
イーホームズは自分たちが調べて解ったからと責任はないと言い、
木村建設は社長は呆けたおじいさんの様で、
本社では一切知らない、東京支店がかってにやった事とし
その東京支店長に至っては、堂々とリベートをもらったと発言。
鉄筋量を減らせと指示をしたかも知れないが、
法令遵守の範囲内でとは言ってないでしょう。
その上、できなきゃ替えると圧力をかけたんじゃないのかな。
ヒューザーの社長は声を荒げ、窘められる場面があり、
さらに質問してならない所で質問するわ、見るに耐えない。
本性が出たと見てた人は思ったのでは無いでしょうか?
アレは所謂恫喝であり、893がやってる事と同じでしょう。
そんな中、シノケン社長だけはいい人に見えてしまう。
販売主だから、ヒューザーと変わらないはずなのだが・・・。

|

« sakusaku 久々 | トップページ | 10000アクセス突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91650/7397058

この記事へのトラックバック一覧です: 見苦しい人々:

« sakusaku 久々 | トップページ | 10000アクセス突破 »