« サッカー アンゴラ戦 | トップページ | どうリタ 海外第9弾 »

2005年11月18日

構造計算

報道で建築士の構造計算がインチキで
震度5で崩壊するおそれのあるマンションやホテルが
ある事が解りました。
すでに報道され、その建築士名と検査団体の氏名等が
でてますのであえてココでは出しませんが、
怖い話ですね。
一般の人たちには、構造計算と言われても
知らないし解らない事だと思います。
当然、売る側は解っていたのでは無いでしょうか。
中には、震度5の地震があったのに倒れなかったのだから
大丈夫なんて言うバカもいるらしい。
今回、責任は建築士、検査団体、、行政、販売者にある。
購入者や借り主は被害者である。
建て直すにしても、全費用は被害者に出さす事のない様に
行政は指導しなければならない。

|

« サッカー アンゴラ戦 | トップページ | どうリタ 海外第9弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91650/7197164

この記事へのトラックバック一覧です: 構造計算:

« サッカー アンゴラ戦 | トップページ | どうリタ 海外第9弾 »