« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月30日

行ってきました。

雨が降り、メインのショーは2回中止になりました200506291645000.jpg
浦安フワフワ系ランドへ行ってきました。
この日は朝から雨で、フワフワ系は午前中あまり見ませんでした。
sakusakuのフワフワ系は不和不和型で大変そうですな。
朝の放送を見るか限り、各所に投げやりムードを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月28日

昨日のsakusaku

HPでの発表後、各方面で憶測やら、
感想などがブログ・掲示板を通じて書かれています。
そのうちの一人のともくんですけど、
今回の事は残念でなりません。
現在、真相がつかめないまま憶測だけが先走りし、
いろいろと言われてますが、
とにかく、今週金曜のsakusakuの発表を待ちたいと思います
月曜の放送では、ジゴロウさんが自ら、やめる事を
言ってますし、投げやりな言動が見受けられます。
また、カエラちゃんの寂しげな顔。
神奈川県第2位の歌も
暗にジゴロウさん自身を歌った感じがしました。
今日も深夜の再放送を見ますが、
tvkに抗議のメールでもしておこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月27日

sakusaku情報

さっき、sakusakuHPで今週の見どころで
ジゴロウが今週金曜でおしまいと書かれていました。
ペパーもらしい。
詳細は金曜の放送で発表になるとの事だが、
いったいどういう事なのだろうか?
そう言えば、先週黒幕がテレビで登場したね。
前振りだったんだろうか?
真相を知ってる方は、コメントして下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年6月26日

真夏日。

土日は暑かった。
ともくんの地方は34度位までに上がった。
体感温度は、外へ出ると道路の照り返しなどで
40度位はあったと思う。
まだ、梅雨なのに雨が少なく、暑い日が続く。
このまま梅雨が終わってしまう事は無いと思うが、
もう少し涼しくなってくれれば良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日

原付西日本 

鳥取よりスタート。
この日は快晴で始まりました。
快調に走り、出雲で出雲ソバを食べる一行。
この時、まだ10時30分だった。
ソバ屋を出ると、二人は見せ物市の状態に。
ミスターにはヘルにひょっとこ、積荷に出雲ソバ。
大泉さんにはヘルに張り子の虎(小)、積荷に張り子の虎(大)。
この後、張り子の虎(大)に悲劇が・・・。
首が取れ、後続のトラックに轢かれてしまい、
大泉さん大ショック。
その後、鳴き砂の海岸へ。
張り子の虎(大)の空き箱に砂を回収。
しかし、積荷に載せると、明らかに重量オーバーで
原付のタイヤがぺしゃんこに潰れ、危険な状態に。
途中道ばたに砂を捨て、さらに進む。
藤村Dがミスターを挑発して、大食い対決が決まり次週へ。
今回は悲劇あり笑いありで楽しかった。
行程に無理があり、九州は再度ロケして放送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日

どうでしょう 第9夜

イタリアからフランス、モナコと進む一行。
モナコではお上りさん気分で走るが、
F1で走るコースは走れず、モナコを通過。
フランスに入るも既に午後8時を廻っていて
目的地スペイン・アンドラへは残り700㎞。
到底、着けるはずもなく、フランスの**プロヴァンスで
一泊をする事に決めるが、宿がとれず。
ここでムッシュがぶっちゃけてしまい、
「21ヶ国廻れない」と諦めるが、
今日は宿が無い為、夜も進んでおこうと
ムッシュが運転をかってでる。
国境手前のパーキングで朝を迎えるが、
ココで大泉さんがやられました。
次週最終回、どうなることやら、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンフェデ杯 日本対ブラジル

おしかったですね。
もう少しでした。
最初のゴールシーンがオフサイドでなければ。
と言うか、あれは誤審でしょう。
今回、日本代表はとても良い経験をしたと思う。
個々の実力が世界と比べて、どの位か解ったと思うし
何が足りないのかも、自信もついたんじゃないかな。
これは選手問わず、監督や協会も言える事だと思う。
ともくん的に以下のメンバーであるならば、
世界と戦えるのでは無いかと愚考します。
      柳沢  大黒

    中村
            中田
      福西
小野               加地
   
    中沢  宮本  田中

         川口
もしかしたら、ただ見たい布陣になってしまったかも。
日本代表が次の大会(東アジア選手権)に
さらなる飛躍を期待します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日

sakusaku 黒幕が・・・

いつもは貯め取りして見るsakusakuですが
たまたま、見ていると黒幕が出ているではありませんか。
sakusakuDVDには、仮面をかぶった黒幕が出ていましたが、
とうとう本編にも登場してしまいました。
相変わらずの傍若無人ぶり。
そして、黒幕キャラを登場させるしまつ。
今後、素顔が明かされるのか?
GOIさんや浪人生まで登場してくるのか?
楽しみですな。
いっそ、どうでしょうの藤村Dを呼んで、
二人素顔で座談会など如何でしょうか?
もちろん司会進行は、大泉洋と木村カエラでね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月20日

コンフェデ杯 日本対ギリシャ

日本勝ちました。
ギリシャのコンディションは悪かった。
そして、日本の攻撃陣も前半はダメだった。
今回、玉田・小笠原はダメダメでした。
最初から大黒を使ったいたら、
3-0位のスコアになったんじゃないかなと思う。
どフリーで枠内にけり込めないFWは要らない。
スピードがあろうが、決定力が一番である。
その点、大黒、柳沢は結果を出している。
せめて、FWなら枠内に蹴りなさい。
世界レベルとアジアレベルのFWがこんなに
力の差があるものとは。
前回ダメダメだったサントスは対戦相手によって、
決まってくる様だ。今回ギリシャは相性が良かったのか
何度かドリブル突破やキープも出来ていたと思う。
DFはやはり中沢がいるといないとではかなり違う。
いれば、かなり世界レベルに近いデフェンス力があると思う。
中田、福西、中村辺りはそれぞれの仕事をしっかりこなして
いたと思う。まだMFには小野・稲本らいるので
バリエーションも出来て良いと思う。
次戦ブラジル戦だが、臆することなく戦って欲しい。
ブラジルもメキシコに負けたので、
かなり必死で来ると思う。
うまく守りつつ、勝って頂きたいと思う。
皆さん、遅い時間の放送ですが、
寝不足に注意して応援しましょう!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

F1アメリカGP

史上最低のレースだった。
どうして、こんな事になってしまうんだろうか?
今期はFIAがおかしい。
BARの時でもそうだが、
結局、FIAの横暴にファン、チーム、スポンサーは
振り回された感じである。
今回はドライバーの安全が保てないと言う明確な理由があるのに、
FIAはミシュラン側の安全対策の為の改良タイヤ入荷はおろか、
問題のコーナー手前にシケインを設けて、
安全対策を取ろうと提案したのに、却下する暴挙を起こした。
今後、FIAは何らかの声明及び罰則を科すだろうが、
FIA自体に罰則又は賠償金を科すべきだろうと思う。
GPに来場していたファン放れが確実にあると思う。
既にFIAはBAR問題時に信用を落としているので
賢明な答えを導き出して欲しい。
M.シューにしてみればラッキーだったかもしれないが、
ポイント獲得おめでとう。
次は本当のレースで勝ってね。
次戦、再びこの様な事がない様、
強くFIAに抗議します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日

原付西日本走破

四国八十八カ所巡礼も無事終わり?、
京都での旅が実は原付の旅になるとは。
大泉さん騙し企画、西日本走破の旅に出発した一行。
初日は京都より出石へ。
藤村Dは、各地の名物を貪欲にひろって行くそうで、
まずは、皿そば。
大泉さん曰く
「たいして、普通のそばとはかわらない」らしい。
そこで、ミスターの原付の荷台には30㎏のそば粉が。
見た事が無いが原付走破の旅(東日本編)でも
何かしら、荷台積んでいたのでしょうか?
その後、一泊。次の朝は雨。鳥取へ向かって、行く一行。
鳥取と言えば、米子オブジョイトイ・・・いや、砂丘。
砂に大きく、「水曜どうでしょう」と刻み込む。
その後、樋口さんの曲が流れ、次回へ
どんどんと疲れていく、二人。どうなっていくのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月17日

コンフェデ杯 日本vsメキシコ

夜中にコンフェデ杯の日本初戦を見ました。
中田が言ってましたが、この大会で
現在の日本のレベルを確認すると。
そして、結果日本はまだまだ世界レベルでは無い
と言う事が確認されました。
チームとしてアジアレベル。
個人でこの試合を見た感じでは、
中田、中村が世界レベル、
サントス、田中、以外はアジアレベル。
特にサントスはコンディションが悪かったにせよ、
この試合では、ほぼサントスにボールが行くと
メキシコに奪われる状態だったのが目に付きました。
個人でボールをキープしてパスが出来ていたのは、
中田と中村位でしょう。
DFは後で回しているのだから、出来て当然。
他の掲示板でも、今回のサントスはダメダメと書かれていた。
次戦はサントスを替えてみたらどうでしょうジーコ
ミスターも黙っちゃいないよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月16日

どうでしょう 第8夜

先週、プー爆死という事件がありました。
今週はスイスよりスペインを目指してのスタートです。
早速、道を間違えるどうでしょう一行。
間一髪、気づきUターン。山脈方面へ。
すると、山道へ。
ぎりぎり2車線ですれ違うのも一苦労。
その上、片側が崖。ガードレール無し。杭があるのみ。
杭の無い所から落ちて、悔いが残る。(大泉談)
そのうちに氷河が目の前に。
なんと、その氷河のトンネルを歩く一行。
水色でとても綺麗なトンネルを抜けるとクマがいた。
着ぐるみのクマがフォトサービス(有料)。
その夜は、スイスの一泊。
朝からどんより曇り。本当なら山々が見れるのだけれど
そんな気持ちの間々、国境へイタリア、フランスと渡り
次回へ。
既に大泉さんはホームシック。
ミスターは再びムッシュへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月15日

二子山問題 貴乃花って?

二子山親方死去後、
兄弟で骨肉の争いを展開している様で。
最近の貴乃花親方は、どうなんでしょう?
テレビにマスコミに良い様に使われいる感じがして、
可哀想で気の毒で不憫で・・・。
廻りに助言してあげる人がいない様に感じ取れます。
きっと人望が無いんでしょう。
兄さんの方は沈黙を守っているので、
心情などは解りません。
よく掲示板では兄は腹黒いとか表裏があって卑怯だとか
書かれている様ですが、最近の報道を見る限り、
喪に服している兄さんの方が常識がある様に思えます。
この時期、喪に服し、亡くなった親方を悲しむべき時で
貴乃花親方の様に、テレビに出て身内の話をするのは
ともくんから見て、滑稽に見えて非常識と言わざる得ないです。
その上、兄もテレビに出て話す様にと言っている事は
マスコミに踊らされているピエロの様です。
貴乃花親方も横綱と言う地位まで到達した方なのだから
「心・技・体」をお持ちのはずだから、心をよく考え
行動してもらいたいです。
そうでないと、
横審の方々の見る目が無い事がばれちゃいますよ。
まぁ、辺恒が委員長だからそれだけでダメダメだけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年6月14日

今週のsakusaku

ゲストはレモンさん。
中身は黒幕と旧知の仲らしい山本シュウさん。
この二人には、同じにおいが感じます。
共に、しゃべりたがりで声が大きい。
今回、黒幕が司会、レモンさんがゲストであるが
ほとんどレモンさんがしゃべりたおしている感じ。
隙を黒幕が埋め、カエラちゃんは聞く専門。
当然、ご意見番さんが出る幕なし。
面白いけどうるさいかな。
レモンさんには、黒幕のホントの姿を
話して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月13日

カナダGP 結果

ライコネンが優勝しました。
ルノー・BARは共にリタイア。
昨日予想した通り、
BAR・フェラーリは燃料が軽かったみたいですね。
しかし、ルノーのスタートは良いですね。
何か、電子的に操作しているんですかね?
さて、今回フェラーリは2・3位と表彰台を獲得しました。
チームとしてレース運びうまいですね。
バリチェロなんか、ピットスタートから3位ですからね。
それに引き替え、BARのお粗末な事。
トラブルが多すぎだと思うのですが。
ともくんが気になっているのは、レッドブルです。
対して目立った動きもないんだけど、
レースが終わるとポイントを取っている。
下位チームであるが、BARやザウバーよりも上にいる。
これからも頑張って欲しいチームの一つである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日

F1カナダGP

BAR復帰2戦目となるカナダGP
予選では何とバトンPP、琢磨6位
好ポジションを得たようです。
M.シューがやってきましたね。
しかし、相変わらず早いね、ルノーは。
予選ではほぼ互角に戦える様になったのか?
い~や、違うでしょうな。
今回、BARもフェラーリも燃料が少ないんじゃ無いかな?
明日の本戦になれば解ると思う。
さてどうなりますことやら・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月11日

どうでしょう 四国最終夜

八十八カ所を巡礼する旅も残り八つ。
12時50分に高松空港出発までに
残りを回れるのか?
朝から順調に廻っていたのだが、
うどんを食した事が後々響いた。
なぜ彼らはうどんを食べたのか?
それは、今回の旅の目的が
このうどんを食す事だったからだ!!
そして、最後の寺は行っていないのであろう。
道ばたに立っている案内看板で取ったのであろう。
しかし、我々どうでしょうを好んで見ている者には
突っこみを入れないでほしい。
そんな事を含めて、どうでしょうが好きなのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月 9日

W杯 北朝鮮戦を振り返る

日本、勝ちました。
W杯、予選突破一番乗りですね。
北朝鮮に対して、ほぼ完勝と言って良いでしょう。
ただ、前半は最悪でした。
鈴木・柳沢のツートップが機能して無かった。
この二人の組合わせでは、鈴木にポストとして、
落とした所を柳沢はシュートする又は2列目の飛び出しで
ゴールを狙う意図が有ったと思うが、ダメだったね。
後半は鈴木を大黒に替え、いい感じになったと思う。
最初の得点シーンが大黒をポストで
柳沢がシュートし、ゴールする。
まさにともくんが思い描いていた形だった。
今回、中田・中村・小野・サントスが出場しなかったが
良くやったと思う。
今日の会見で中田は
「本大会で勝ち抜いていける実力がまだ無い」と言っていた。
きっと、北朝鮮戦の戦いを見て、そう思ったんだろう。
海外組が飛び抜けてうまいと言うわけでは無いが、
一流のプレーヤーと戦っている経験が有る分、
言えた事なのでは無いかと思う。
本大会に向けて、個々の能力アップを頑張って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日

水曜どうでしょう プー爆死

昨日のどうでしょうは欧州周遊で
リヒテンシュタインからのスタートでした。
ホテルのチーフはプーにガスを入れてあげた。
普段なら、しぼんできた風船にガスを注入して
元気になる行為は、とても有り難い行為なのだが・・・。
どんどんと山を上って行くどうでしょう4人。
ココで車内の案内をしていく大泉さん。
藤村Dがはばを利かせ、ミスターがナビ、嬉野Dはカメラ
そして大泉さんはバカだからと言う理由で
後部座席で寝てばかりいるらしい。
そのうちにハイジの家へ。
ミスター扮するハイジ(油性マジックで頬を赤く塗る)が
木陰から出てきて、駆け下りてくるが途中牛糞を踏んだ。
先を急ぐどうでしょう班。
その時、ある異音がした。
プー、爆死!!
ミスターは悲しむが、旅は続けると言う事で終わる。
ともくん的にも悲しいですね。一緒に旅してきた仲間ですから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯最終予選 北朝鮮戦

いよいよ、本日、北朝鮮戦があります。
テレビ各局では、ほぼ間違いなくW杯に行けるとか、
北朝鮮には勝てるとか言っておりますが、
W杯予選はそんな簡単ものじゃないと思います。
とにかく慎重に、一戦一戦を戦ってほしいですね。
サポーターとして、今回無観客試合になっていますので、
選手達を信じて、応援しましょう!
中田・中村・小野選手らは出れませんが、
代わりの選手達が頑張ってくれる事を願いましょう。
頑張れ日本!頑張れ選手達!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 5日

作ってみました。

妻も絶賛です200506051316000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日

バーレーン戦を振り返り

日本勝ちました!!
勝ち点3を得ましたが、失った物も大きいですね。
中田・中村・サントスの出場停止。
北朝鮮戦では、大丈夫なのでしょうか?
さて、バーレーン戦では予想していたメンバーが
予想外の働きをしました。
小笠原は中田・中村・小野とでは、見劣りすると
思っていましたが、
結果はその小笠原がゴールしちゃいました。
しかし、この位置に中田が入り、
ボランチに稲本・遠藤が入っていれば、
もっと楽な展開になったのではと思います。
そして、相変わらずジーコの交代の遅さが目に付きました。
特に後半は運動量が落ちているにも変えず、
残り5分とかに替えるのは、入った選手も働けないし、
もったいないと思うのですが?
アジア予選ではいいかも知れないが、
W杯本戦では通用しないでしょう。
早めの交代か、監督自体の交代を考えて欲しい物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 3日

バーレーン戦

本日未明、いよいよW杯最終予選のヤマ場を迎えます。
残念な事に小野選手が怪我の為に出れないみたい。
代わりに小笠原を使う様だけど、ダメダメですな。
小野の代わり、遠藤選手を入れたらいいじゃない。
稲本選手を入れたらいいじゃない。
それを何で、使えない小笠原を入れるのかねぇ?
これで負けたら、
ジーコは解任又は辞任すべきだと思うよ。
まだ、先発メンバーが発表になってないから、
何とも言えないが、この様に思ってる人はいると思うよ。
日本各地で、又試合会場で応援して人に
勝つにせよ、負けるにせよ、
見て良かった試合を見せて欲しいと思います。
かんばれニッポン!頑張れ、中村・中田!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 2日

欧州周遊 第6夜

前回とうって変わってミスターは温厚な感じでスタート
しぼみ始めたプーさんの風船が哀愁を誘う。
古城街道を南下。
各街の古城を見つつ、
誰もがロマンチストになってしまうと言う、
ロマンチック街道へ。
街を見張る塔へ上り、監視行動。
屋根が皆同じ色でとてもきれいな町並みでした。
オーストリア国境で入出国診査も笑顔スルー。
ミスターはパスポートを見てほしいと懇願。
徐々にアルプス近づくどうでしょう班。
いよいよ、次の国リヒテンシュタイン

今回は特筆される様な事は起きず、
楽しそうな感じでドライブしてましたね。
すで、第6夜。果たして、廻り切れるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクルト 首位

4年ぶりヤクルトが首位に立ちました。
シーズン終わりまでこの位置をキープしたいものですな。
今シーズンは、移籍や怪我などで
当初はどうなるかと思ってましたが、
交流戦が始まり、古田の怪我も治り、
上昇気流に乗った感じですな。
まあ、首位だった中日が調子のでない事も
あったのが幸いしました。
今後は、阪神・広島をマークして行けば、
終わりにはいい成績で終われると思っております。
頑張れヤクルト、頑張れ古田、頑張れ若松監督!!
神宮に応援に行くぞ~!!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年6月 1日

折り返し地点

2005年も折り返し地点となりました。
2005年前半は皆様はどうだったのでしょうか?
ともくんはまずまずの半年だったと思います。
良い事が悪い事より若干多かったと思います。
楽しい仲間と遊びに行ったり、ブログを始めた事だったり、
思わず懸賞に当たったり、おみくじが大吉だったり、
友人が辞めていったり、風邪で寝込んだりと様々でした。
後半は、健康で平凡な日々であります様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »